Works Example

水の飲みと24時間吸気排気防音犬小屋

水の飲みと24時間吸気排気防音犬小屋

斜め前から犬小屋を見た状態

スリム仕様(内寸)でセミワイドの防音犬小屋です。
トリマーショップへの納品でした。
プロ、セミプロの現場にも多く納品していますが
プロの現場でもセミワイドはお奨めできます。

若干犬小屋の横幅に余裕を持たせた小型犬用

小型犬が中で自由に動けるセミワイド系。
水飲みを設置しても全く邪魔に感じないようなドアのサイズ。
同時に強化防音アクリルも大型化しています
明かり取りは控えめでドアの比率を重視。
ドアを限界まで(このサイズで)上げておくと、
実際に使った時の快適性に直結します。
性能重視のみの場合はドアを小型化する方向もありますが
基本的には性能と機能の両立がベター。

防音犬小屋専用のパーツと職人技の融合

当ショップ系列品には証明刻印が押されています。
すなわち、他社では成し得ない非利益追求型の品であり、
手間と真心が入った家具調の防音犬小屋です。
決して大量生産が出来ず、どのような職人でも
作れるものでもありません。専用の強化パーツを使用し
的確なノウハウを厳守しながら外せないルールを持つ。
その上で愛情と手間を踏んで出来上がります。

どうして防音犬小屋は私たちだと言われたのか

納品したお客様が熱心に他の方に説明をして頂き、
お友達がご注文して頂く。そういった事がよくあります。
私は設計段階から机上だけの計算は信用しておらず、
長年現場で培ったもの、データと実体験を織り込んできました。
物理的にパーツ群が専用品であるものが多く
素材も全て徹底して厳選しています。
その上にノウハウが織り込まれ、信頼出来る職人が
関わるわけですから特別な一台になる事は必然というわけです。
ゼロから全て手作りで仕上げるオーダーメイド品は、
そのショップでしか出来ない部分というものは確かに存在します。

サイズは貴方に合わせます。例えば奥行き60センチ。

仮に奥行きが60センチしかないお部屋があった場合。
目の前に奥行き50センチのくぼみがあるお部屋の場合。
既製品を無理やり押し込むよりも、その場所に合わせてみませんか?
1台ずつ作業しますのでお好きなサイズで作りつけられます。
今まで悩んでいた事を一気に解決出来るかもしれません。
ちなみに私達は室内に置く犬小屋は、室内で過ごす
子供達やお年寄りの事も考えて完全無害の材料を採用。
塗料も一般の市販品は使用せず玩具、食器使用可能な
専用塗装を採用して信頼を得ています。

奥行きが10cm違うとこのくらい変わってくる

奥行き、高さは部屋に設置したときの違和感、圧迫感に影響します。
案外横幅は余り気にならない事が多いのですが
特に高さは十分気を付けましょう。
背の高いものは高すぎると圧迫感につながります。
迷ったら最適なアドバイスをしますのでお問い合わせ下さい。
一緒に生活をする方にも快適に過ごして頂きたいと思います。

水の飲みと24時間吸気排気防音犬小屋 設置例 写真1 水の飲みと24時間吸気排気防音犬小屋 設置例 写真2 水の飲みと24時間吸気排気防音犬小屋 設置例 写真3 水の飲みと24時間吸気排気防音犬小屋 設置例 写真4 水の飲みと24時間吸気排気防音犬小屋 設置例 写真5

※ こちらの画像、その他構成物は撮影者様の好意によりお送り頂いたものですので転載他一切禁じます
※ 感想、内容はオーナーに合わせて製作したケージについての感想ですので全ての方にあてはまりません
※ お客様に合わせて防音度合い、大きさ、素材など選択して頂けます、お問い合わせを下さい